1959年9月18日

映画産業主催のフルシチョフ首相歓迎会が映画スタジオのレストランとしてはもっとも豪華という定評のあったフォックス社のカフェ・ド・パリで開かれました。
マリリンはフルシチョフのテーブルに招かれ、フルシチョフはまばたきもせずマリリンの青い目をみつめ、熱心に力を込めて握手したので、マリリンはその後数日間手が痛かったほどでした。
『彼は普通の男が女を見るように私を見たわ』と、彼女は誇らしげに記者団に語りました。


0コメント

  • 1000 / 1000